2014年01月22日

第49号

===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第49号(2014年1月22日)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※今号では、吉田裕代表より紹介のありました、吉見義明さんの名誉棄損裁判
 支援ネットワークの案内を転送いたします。(長谷川)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「YOSHIMI裁判いっしょにアクション」への入会を呼びかけます

■入会のお願い
 吉見義明さんの名誉毀損裁判の支援ネットワーク「YOSHIMI裁判いっ
しょにアクション」(共同代表:吉田裕・梁澄子、略称:YOいっション)が二
〇一四年一月に正式に発足しました。「YOSHIMI裁判いっしょにアクシ
ョン」へのご入会をお願いします。会員には年2〜3回会報をお届けします。
 年会費 二○○○円
 振替口座 00180-6-323261/口座名義 YOいっション
 通信欄に名前、住所、所属をご記入ください。

■メールマガジン講読のご案内
YOいっションではメルマガを発刊しています。最新情報をお届けします。
会員の方も、非会員の方も、ウェブサイトよりお申し込みください。
 yoisshon.net

■吉見裁判とは
 吉見裁判は、中央大学の吉見義明教授が日本維新の会の桜内文城衆議院議員
を名誉毀損で訴えた裁判です。
 二○一三年五月一三日、橋下大阪市長は「慰安婦制度は必要なのは誰だって
わかる」と発言して内外の批判を浴びました。特に海外での反響に対する弁明
として、橋下大阪市長は五月二七日に日本外国特派員協会で記者会見を行いま
した。
 その場において、司会者が吉見義明教授の著書に触れたことに対し、同席し
ていた桜内文城議員が、「これはすでにねつ造であるということがいろんな証
拠によって明らかとされております」と発言しました。桜内議員が「ねつ造」
であるとしたのは、吉見義明『従軍慰安婦』(岩波新書、一九九五年)の英訳
書であると考えられます。
 吉見教授は、二○年以上にわたって日本軍「慰安婦」の実態を研究してきま
した。発言の撤回と謝罪を求めたものの拒否されたため、吉見教授が桜内議員
を相手に提訴しました。これが、「吉見裁判」と略称している裁判です。
 第一回口頭弁論(一○月七日)では、「慰安婦は性奴隷か否か」について全
面的に争う様子もあり,「慰安婦」の定義をめぐる本格論争が展開する歴史的
な裁判になることも予想されます。

■吉見義明さんからのメッセージ
 外国特派員協会での橋下大阪市長の記者会見の場で、日本維新の会の桜内文
城衆議院議員は、「慰安婦」問題に関する僕の本を「捏造」であるといい、多
くの証拠で明らかにされているとまでいいました。研究者の研究成果を捏造で
あるというのは、その研究者に対する重大な名誉毀損に当るだけでなく、その
人格までも否定するものですから、やむをえず提訴しました。第一回口頭弁論
で、桜内氏は「慰安婦」が性奴隷だというのは「虚構の事実」の捏造だと主張
していますので、これも争点になると思います。徹底的に論破していきたいと
思います。ご支援をお願いいたします。

■問い合せ先(下記ウェブサイトからお願いします)
 yoisshon.net

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/mailnews/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一

===================================
posted by 同時代史学会 at 00:00| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする