2015年11月16日

第70号(合同シンポジウム「施行一年の特定秘密保護法」のお知らせ)

===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第70号(2015年11月16日)

【合同シンポジウム「施行一年の特定秘密保護法」のお知らせ】

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■ 合同シンポジウム「施行一年の特定秘密保護法」のお知らせ

このたび、下記のシンポジウムを共同で開催することとなりました。
どうぞふるってご参加ください。

合同シンポジウム
施行一年の特定秘密保護法―歴史学、アーカイブズ学から考える―

日時:2015年12月3日(木)16:30〜19:00
会場:明治大学リバティタワー14階 1143室
JR御茶ノ水駅より徒歩3分
資料代:300円

プログラム
報告
瀬畑源「歴史学から特定秘密保護法を考える―施行後の現状と課題―」
小川千代子「秘密と公開 記録管理の立場から」
吉澤文寿「日韓会談をめぐる外交文書の管理と公開」(仮題)

呼びかけ文
 多くの反対の声を押し切り特定秘密保護法が成立してから2年、施行されて
から今年の12月10日で1年を迎えようとしています。
 特定秘密保護法については、情報公開法と公文書管理法という二つの基本的
法律の機能を妨げ、情報公開と国民の知る権利を大きく制限するものになる危
険性が指摘されていました。果たしてこの法律は、実際どのように運用され、
どのような問題をもたらしているのか。いわゆる安保法制との関連でも、この
法律をめぐる問題点は、改めて厳しく問いただされなければなりません。
 施行後1年を迎える今、私たちは、当初から法案に対する懸念を表明してき
た歴史学、アーカイブズ学の立場から、特定秘密保護法の問題点を具体的に掘
り下げ、検討を深めるとともに、この法律をなくしていく道筋を展望しようと
思います。皆様のご来場をお待ちしております。

主催:日本史研究会・歴史科学協議会・歴史学研究会・歴史教育者協議会・
同時代史学会・記録管理学会・日本アーカイブズ学会

※問合せ先:歴史学研究会
http://rekiken.jp/seminars/Joint.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
posted by 同時代史学会 at 00:00| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする