2015年06月15日

第65号(2015年度日本植民地研究会大会のご案内)

===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第65号(2015年6月15日)

【2015年度日本植民地研究会大会のご案内】

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※会員の安達宏昭様より投稿をいただきました。(長谷川)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

皆様

東北大学の安達宏昭です。
私が会員である日本植民地研究会では、以下のように大会を
開催しますので、ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。
内容は以下の通りです。
なお、ポスターも添付しますので、ご覧下さい。
よろしくお願い致します。

日本植民地研究会・第23回全国研究大会
・日程:2015年7月5日(日)
・場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階
以下のURLに地図が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

・費用:
  年度会費:¥4,000(会員)
  大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
  懇親会費:¥6,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

※大会プログラム&共通論題趣旨は、以下のURLから、ダウンロードしてください。
https://www.dropbox.com/s/xu5ck6ywbakv3il/sjcs2015program.pdf?dl=0


10:10 受付開始

T.10:30-12:10  自由論題報告
 @10:30-11:20
   恐慌下社会運動の展開と満州移民の送出
    報告 小林 信介(金沢大学)
    司会 安田 常雄(神奈川大学)

 A11:20-12:10
   南方軍政下のマライ半島における鉄鋼業−日本製鐵木炭銑事業を中心に―
    報告 長島  修(立命館大学)
    司会 安達 宏昭(東北大学)

U.12:10-12:40  会員総会

V.13:45-18:00  共通論題:帝国日本の植民地支配責任を問い直す
    司会   加藤 圭木(一橋大学)・細谷 亨(立命館大学)

【代表理事挨拶】
 13:45-13:50
    木村 健二(下関市立大学)
【問題提起】
  13:50-14:00
    細谷  亨(立命館大学)
【報  告】
 @14:00-14:30
   占領期日本における戦争責任論と植民地問題
   ―在日朝鮮人の言論と運動を中心に―(仮)
    鄭  栄桓(明治学院大学)
 A14:30-15:00
   南方占領と東南アジアの脱植民地化(仮)
    中野  聡(一橋大学)
 B15:00-15:30
   小日本主義にひそむ帝国意識―戦前の石橋湛山と戦後石橋研究―
    及川英二郎(東京学芸大学)

 ―15:30-15:40 休憩―

【コメント】
 @15:40-15:55
    浅田 進史(駒澤大学)
 A15:55-16:10
    駒込  武(京都大学)
【質疑応答】
  16:20-18:00

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
添付ファイル:2015SJCS.pdf
posted by 同時代史学会 at 01:19| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

第64号(第17回関西研究会のお知らせ)



===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第64号(2015年6月7日)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■同時代史学会・第17回関西研究会のお知らせ

みなさま

入梅の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は本会の活動をご
支援いただき、まことにありがとうございます。

さて、同時代史学会・第17回関西研究会が下記の要領で行われます。
皆様お誘い合わせのうえ、よろしくご参加のほど、お願いいたします。

====
同時代史学会・第17回関西研究会

〈報告〉
杉本弘幸氏(京都工芸繊維大学・佛教大学・立命館大学非常勤講師)
「戦後女性失対労働者の存在形態と社会意識−「歴史都市」京都を中心に−」
櫻井悟史氏(立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員)
「戦後の死刑論争史――死刑制度合憲から絞首刑合憲まで」

日時:2015年7月4日(土)13:00開場、13:15開始〜17:00
場所:ラボール京都 地階 南会議室
※阪急烏丸線西院下車徒歩5分、京都市バス四条御前下車すぐ
いつもと場所が違います!ご注意ください。
ラボール京都へのアクセスhttp://laborkyoto.jp/access.php
※駐輪場・駐車場は一切ありません。交通機関等をご利用の上、お越し下さい。

参加費:無料(会員外の方にもお声をおかけ下さい)
====
なお、12月20日(日)には戦後70年を振り返る企画を用意しております。ご予定
下さい。

配信担当:河西秀哉

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
posted by 同時代史学会 at 23:09| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

第63号(第38回研究会&2015年度現代史サマーセミナーのお知らせ)

===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第63号(2015年5月28日)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■同時代史学会・第38回研究会のお知らせ

院生・若手 自由論題報告会

〈報告〉
○ 金理花(東京外国語大学大学院)
 朝鮮学校の音楽教育における「民族」

○ 久木山一進(一橋大学院修士課程修了)
 「愛国コミュニティ」に集う人々のライフストーリー
 〜その場が持つ可能性と危うさ〜

○ 谷口洋斗(慶応義塾大学大学院)
 高度成長期北海道における拠点開発政策と地域対応
 〜新産業都市・道央地区を事例に〜

日時:2015年6月20日(土)14:00〜18:00
場所:早稲田大学早稲田キャンパス
   11号館4階、第2会議室
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい

※※※これまでと会場校が異なります。ご注意ください。※※※

連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学社会学研究科 吉田裕研究室
E-mail: y.yoshida★r.hit-u.ac.jp  Fax:042-580-8907

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■2015年度現代史サマーセミナーのお知らせ

☆2015年度現代史サマーセミナー☆
日程:2015年8月8日(土)〜9日(日)
会場:湯河原町商工会 会議室
 …JR東海道線湯河原駅から徒歩1分。
宿泊:ホテルあかね
   〒259-0304 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下705
   0465(63)2255
   http://www.hotel-akane.com/
 …JR東海道線湯河原駅からバス送迎。

内容:
○ 1日目午後
書評会「戦後70年・歴史認識と戦争認識を考える」
:評者
 笠原十九司さん(都留文科大学名誉教授)
 斎藤 一晴さん(明治大学等非常勤講師)
書評文献
:服部龍二『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書、2015)

○ 2日目午前(9時〜12時)
研究報告
:関口 哲矢さん(大同大学等非常勤講師)

○参加費 14,000円
※恐れ入りますが相部屋となります。1日目夕食、2日目朝食付き。
※1日目のみ/2日目のみなど部分参加をご希望の方は、事務局までご相談くだ
さい。
※下記の要領に従って事前にお振込みをお願いいたします。

○申込・支払方法
※下記申込み内容をメール・封書・FAX のいずれかでお知らせ下さい。
・お名前(フリガナ)・所属・研究主題(40字以内)
※以上の3事項は、1日目に配布する「参加者一覧」に掲載いたします。
・性別(部屋割りのため)
・電子メールアドレス、郵便番号・住所、電話番号・FAX番号
(差し支えない範囲で結構ですが、確認事項がある場合や次回以降のサマーセ
ミナーのご案内の際に参照させていただきます。)

■宛先 現代史サマーセミナー事務局
電子メールアドレスgendaisiss★yahoo.co.jp
〒186-8601 東京都国立市中2-1 一橋大学大学院社会学研究科吉田裕研究室気付
ファクシミリ番号 042-580-8907
※お問い合わせは、電子メールまたはFAXでお願いします。

■振込先郵便貯金口座
郵便貯金口座(記号)10000(番号)6856491(名義)吉田 裕〈ヨシダユタカ〉

■Web サイト:詳細・最新情報は同時代史学会HP/現代史サマーセミナーHP
をご覧ください。
http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/
http://gendaisiss.seesaa.net/

◎申込・支払期限 2015年6月28日(日)
※期限までに申込・支払をお済ませください。
※定員になり次第締め切らせていただきます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
posted by 同時代史学会 at 00:00| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする