2015年07月27日

第66号(国立歴史民俗博物館国際研究集会のご案内)

第67号で重大な訂正があります。必ず第67号と併せてお読みください。
===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第66号(2015年7月27日)

【国立歴史民俗博物館国際研究集会のご案内】

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※会員の原山浩介様より投稿をいただきました。
 国立歴史民俗博物館へのアクセスや企画展の詳細等については、国立歴史民
俗博物館のウェブサイト https://www.rekihaku.ac.jp/ をご参照ください。
(長谷川)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

国立歴史民俗博物館 国際研究集会
「ドイツと日本を結ぶもの――日独修好150年の歴史――」をめぐる研究交流
(展示批評、ならびに歴史への向き合い方をめぐる討論)

2015年8月12日(水) 13:00〜17:45
Alexander Koch(ドイツ歴史博物館館長)
 「展示を通じたドイツと日本の関係 性・歴史認識」(仮題)
藤原辰史(京都大学人文科学研究所)
 「日独関係史と歴史展示――企画展示を素材として」(仮題)
(同時通訳あり)

会場:国立歴史民俗博物館 大会議室

 国立歴史民俗博物館では、2015年8月7日から9月6日まで、企画展示「ドイツ
と日本を結ぶもの――日独修好150年の歴史」を開催しています。これにあわ
せて、日本側の日独関係史展示への日独双方の研究者の展示批評を中心とする
国際研究集会を実施します。
 日本とドイツはぼぼ時期を同じくして近代統一国家をスタートさせていま
す。ここでは、展示がねらいとした関係性・相互の影響などとともに、近代国
家としての比較に踏み込み、合わせて、戦後70年という歴史の節目を考慮
し、日独の歴史への向き合い方に関しての議論へ展開したいと考えていま す。

※研究会に先立ち、午前中に企画展示をご覧いただくことをお勧めします。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
posted by 同時代史学会 at 00:00| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

第65号(2015年度日本植民地研究会大会のご案内)

===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第65号(2015年6月15日)

【2015年度日本植民地研究会大会のご案内】

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※会員の安達宏昭様より投稿をいただきました。(長谷川)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

皆様

東北大学の安達宏昭です。
私が会員である日本植民地研究会では、以下のように大会を
開催しますので、ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。
内容は以下の通りです。
なお、ポスターも添付しますので、ご覧下さい。
よろしくお願い致します。

日本植民地研究会・第23回全国研究大会
・日程:2015年7月5日(日)
・場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階
以下のURLに地図が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

・費用:
  年度会費:¥4,000(会員)
  大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
  懇親会費:¥6,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

※大会プログラム&共通論題趣旨は、以下のURLから、ダウンロードしてください。
https://www.dropbox.com/s/xu5ck6ywbakv3il/sjcs2015program.pdf?dl=0


10:10 受付開始

T.10:30-12:10  自由論題報告
 @10:30-11:20
   恐慌下社会運動の展開と満州移民の送出
    報告 小林 信介(金沢大学)
    司会 安田 常雄(神奈川大学)

 A11:20-12:10
   南方軍政下のマライ半島における鉄鋼業−日本製鐵木炭銑事業を中心に―
    報告 長島  修(立命館大学)
    司会 安達 宏昭(東北大学)

U.12:10-12:40  会員総会

V.13:45-18:00  共通論題:帝国日本の植民地支配責任を問い直す
    司会   加藤 圭木(一橋大学)・細谷 亨(立命館大学)

【代表理事挨拶】
 13:45-13:50
    木村 健二(下関市立大学)
【問題提起】
  13:50-14:00
    細谷  亨(立命館大学)
【報  告】
 @14:00-14:30
   占領期日本における戦争責任論と植民地問題
   ―在日朝鮮人の言論と運動を中心に―(仮)
    鄭  栄桓(明治学院大学)
 A14:30-15:00
   南方占領と東南アジアの脱植民地化(仮)
    中野  聡(一橋大学)
 B15:00-15:30
   小日本主義にひそむ帝国意識―戦前の石橋湛山と戦後石橋研究―
    及川英二郎(東京学芸大学)

 ―15:30-15:40 休憩―

【コメント】
 @15:40-15:55
    浅田 進史(駒澤大学)
 A15:55-16:10
    駒込  武(京都大学)
【質疑応答】
  16:20-18:00

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
添付ファイル:2015SJCS.pdf
posted by 同時代史学会 at 01:19| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

第64号(第17回関西研究会のお知らせ)



===================================

          同時代史学会電子メールニュース

                    第64号(2015年6月7日)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

■同時代史学会・第17回関西研究会のお知らせ

みなさま

入梅の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は本会の活動をご
支援いただき、まことにありがとうございます。

さて、同時代史学会・第17回関西研究会が下記の要領で行われます。
皆様お誘い合わせのうえ、よろしくご参加のほど、お願いいたします。

====
同時代史学会・第17回関西研究会

〈報告〉
杉本弘幸氏(京都工芸繊維大学・佛教大学・立命館大学非常勤講師)
「戦後女性失対労働者の存在形態と社会意識−「歴史都市」京都を中心に−」
櫻井悟史氏(立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員)
「戦後の死刑論争史――死刑制度合憲から絞首刑合憲まで」

日時:2015年7月4日(土)13:00開場、13:15開始〜17:00
場所:ラボール京都 地階 南会議室
※阪急烏丸線西院下車徒歩5分、京都市バス四条御前下車すぐ
いつもと場所が違います!ご注意ください。
ラボール京都へのアクセスhttp://laborkyoto.jp/access.php
※駐輪場・駐車場は一切ありません。交通機関等をご利用の上、お越し下さい。

参加費:無料(会員外の方にもお声をおかけ下さい)
====
なお、12月20日(日)には戦後70年を振り返る企画を用意しております。ご予定
下さい。

配信担当:河西秀哉

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。

◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。

◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。

◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。

◆バックナンバーは http://doujidaishi-mailnews.seesaa.net/
 に転載されます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

担当    長谷川 亮一
配信担当  岡本  公一

===================================
posted by 同時代史学会 at 23:09| 同時代史学会電子メールニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする